東大VRサークルUT-virtual春祭り2019 『ば展』報告記事

東大VRサークルUT-virtualは、3月23日(土)と24日(日)の二日間、東京大学 本郷キャンパス内の東京大学情報学環中山未来ファクトリーオープンスタジオで、「東大VRサークルUT-virtual春祭り2019 『ば展』」を開催しました。単独の展示会は昨年度までは夏季のみでしたが、部員の増加により作品数が増えたことを背景に春季にも開催することとなり、本展を開催することとなりました。

当日はVRやAR関連のお仕事や研究に携わっていらっしゃる方からお子様連れのご家族など様々な方にご来場いただきました。足を運んでいただいた皆様、誠にありがとうございました!!!

当日は13作品を展示しました。ここでは一部の作品をご紹介いたします。

「電気椅子VR」

体験者に椅子に鎖で拘束された状態になっていただき、「電気椅子」からの脱出をしてもらうという作品です。実際の鎖や振動とHMDの映像を組み合わせることによる「感電」や「拘束」の表現が好評でした。

「二重人殻」

来場者の姿をスキャンして生み出したドッペルゲンガーと、バーチャル空間で対峙する作品です。「自分の姿をした他人に触れられる」という奇妙な感覚が来場者の方々に絶賛されておりました。

「VTuberAkushu」

ヘッドマウントディスプレイと触覚コントローラーを使い、VRでバーチャルアバターユーザーと握手してのコミュニケーションをする作品です。コントローラーの出力が双方向となっており、バーチャルアバターと本当に握手している感覚を味わえたという感動の声が上がっておりました。

他の作品については『ば展』特設サイトの作品リストで紹介しております。どれも部員の個性が表れていて、来場者の方にも「それぞれ全く違う視点からコンテンツを製作していて面白かった」といったお声をいただくことができました。

以上、「東大VRサークルUT-virtual春祭り2019 『ば展』」のご報告でした。これまで以上に充実した展示をすることができ、サークルとしての成長を実感することができた展示会でした。ご来場していただいた方々に心より感謝を申し上げます。今回の展示会での経験を活かして弊サークルの理念である「VRの普及啓蒙と体験創造」のために今後も邁進していきます。直近では五月祭にオリジナル作品を展示する予定ですのでそちらへのご来場をお待ちしております。

最後になりますが、今回の展示会は株式会社ソリッドレイ研究所様、TSUKUMO様に協賛の下での開催でした。また、東京大学情報学環中山未来ファクトリーオープンスタジオ様にも会場をお貸ししていただきました。皆様のご支援のおかげで充実した展示会を開催出来たこと、厚く御礼申し上げます。

今後の予定

【新歓活動】

4月の間、新入生及び大学在学中の学生を対象にUT-virtualの新歓活動を行います。部室見学会やゲームジャムなど、楽しいイベントをご用意してお待ちしております!

スケジュールなどの詳しい情報は新歓特設ページをご覧ください。

【第92回五月祭】

5月18日(土),19日(日)の二日間にわたって、東京大学の本郷キャンパスにて東京大学の文化祭「五月祭」が開催されます。UT-virtualもオリジナル作品を展示しますので、お誘いあわせの上是非お越しください!

〇UT-virtual Anthology

場所:工学部1号館2階16号室

企画内容:UT-virtual の部員が自主制作した VR 体験の数々を展示する企画。彼らが織りなす個性豊かな作品達を是非お楽しみください。

〇VR飛行体験 FlyFlyFly改

場所:工学部 1 号館 2 階 17 号室

企画内容:昨年の駒場祭の人気コンテンツ、「VR飛行体験 FlyFlyFly」がパワーアップして帰ってきました!空を三種類の飛び方で飛べる体験です。戦闘機から始まり、風船での浮遊、最後はペガサスの背中に乗って飛ぶことができます。より没入感の高まった体験をぜひ楽しんでください!

お問い合わせ先:[email protected]

(文:Mori 写真:Ide , Mari Kotani)